MHPの基本方針

MHPは、医療系人材の紹介・派遣の他、様々なサポート活動を行っています

MHPの基本方針

  1. 良い人材を良い職場に、良い職場に良い人材を紹介します
  2. 求職者に対しては職場を提案するのではなく、人生のプランニングを一緒に行います
  3. 求人者に対しては人材紹介を通じて、安定した医療経営をお手伝いします
  4. 医療施設に対しては運営支援を通じて、医療経営をサポートします

ご挨拶    

取締役 高橋

株式会社MHPで、取締役兼看護部門の責任者をしております高橋と申します。日々多くの求職者や施設様・教育機関の方々と接しながら、「人材紹介業」を通じて医療と関わっている私ですが、前職は看護部長としての10年を含め、40年間の看護師人生を歩んでまいりました。医療の現場を離れてなお、このような形で医療をサポートできる立場にあることが喜びであり、時に縁の不思議を感じることもあります。
今「医療現場」を就職先として向き合う求職者に寄り添い、あらためて「医療現場」を見る時、また、病院とは全く違う会社組織を動かしていく中で、これまでにない新しい視点や気づきを日々得ております。

医療界は今厳しい数々の問題と直面しています。国に頼るのではなく、個々の組織の中で柔軟に対応しなければなりません。公立病院ですら、経営とシビアに向き合わなければ存続が危ぶまれる現状です。
病院運営の課題のいくつかは、かつて私が経験した課題であり、また、新たな視点での理解を得たものもあります。そこから言えるのは、『課題を解決する魔法の方策は無い』ということです。どれほど高邁な目標を掲げて一歩を踏み出したとしても、本当の難しさは、目標を見失わずたどり着くまで歩み続けること。それぞれの組織の状態や状況の変化に回り道をしながらでも、歩みを止めないこと。その力となるのは、理論ではなく「人」の思い、一人ひとりの力です。思いを力にできる人材の育成と組織体質作りが、今最も必要とされているのではないでしょうか。

現場を離れても、医療の質を探求する医療人としての私の意識に変わりはありません。安定した病院経営、職員にとって働きやすくやりがいのある職場環境、そこから、患者さんへの心からのケアと医療の質につながっている・・・私の経験が、そして今学んでいることが、少しでも医療施設の皆さまにお役に立てば幸いです。人材紹介に限らず、私ども株式会社MHPはできる限りのサポートをさせていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。そして微力ではありますが、医療施設様と医療従事者のみなさまと共に、医療の未来に貢献できればと、心より願っております。

平成28年度派遣情報

1.  派遣労働者の数  40
2.  派遣先の数  41
3.  マージン率  37.7%
4.  教育訓練に関する事項  研修計画あり
5.  労働者派遣に関する料金額の平均額  21,728円
6.  派遣労働者の賃金額の平均額  13,530円
7.  その他参考となると認められる事項  特になし